デジノート

Tablacus Explorerの使い方とアドオン・カスタマイズ方法

自分は長らくX-Finderを使っていたんですが、重たいファイルやFTPソフトからドラッグできないなど、少し気になった所がありました。

そんな中、見つけたのがこの「Tablacus Explorer」。

今のところ、気になっていたところが解消されていて、愛用しています。

「Tablacus Explorer」とは?

「Tablacus Explorer」とは、知る人ぞ知るのファイラー「X-finder」の開発者が開発したファイラーです。

Tablacus Explorerはエクスプローラーにタブを付けたようなファイラーで、X-finderのようにゴリゴリとカスタマイズをせず、アドオン(拡張機能)を使って、自分好みのファイラーにカスタマイズできるのが特徴です。

X-finderは上級者、Tablacus Explorerは初級者向けといったイメージです。

また、ポータルブルの様に使えてレジストリを使用しないのも、個人的に嬉しいポイントです!

Tablacus Explorerのダウンロード

Tablacus Explorerは開発者のページからダウンロードできます。
下記のリンクでも説明していますので、詳しくはどうぞ。

初期設定など

タブの下に「戻る」や「進む」のアイコンを表示させたいので、アドオンを以下のようにしました。

無効化するアドオン

  • 戻る
  • 進む
  • 上へ
  • アドレス バー
  • フィルター バー
  • ツリー
  • ツール バー

有効化するアドオン

  • Inner 戻る
  • Inner 進む
  • Inner 上へ
  • Inner 更新
  • Inner フィルター バー

上記の操作でタブの下にボタンなどが配置されると思います。

はじめにインストールしておきたいアドオン

アドオンとは、追加機能のことです。
Tablacus Explorerはアドオンで自分の好きなようにカスタマイズできるのが特徴です。

画面分割

Tablacus Explorerは一つの画面で上にデスクトップ上のファイルを表示、下に作業用のフォルダを表示。といった使い方ができます。下記のページでその使い方を紹介しています。

タブ関係のアドオン

Tablacus Explorerのアドオンでタブに閉じるボタンやアイコン、色を付けたりすることができます。タブをカスタマイズできるアドオンを下記のページにまとめてみました。

お気に入りを表示

Tablacus Explorerでは、デフォルトではお気に入りがメニューの中に入っています。すぐにお気に入りにアクセスできるよう、常に表示させる方法を下記のページで紹介しています。

プレビュー機能

エクスプローラーにある機能で画像をクリックすると、横に画像がパッと表示されることってありますよね。その機能がTablacus Explorerにもあります。その方法を下記のページで紹介しています。

関連付け

Tablacus Explorer上で独自の関連付けの設定をすることができます。その方法を下記のページで紹介しています。

フォルダの設定

終了した時にフォルダの設定を保存するために、専用のアドオンをインストールする必要があります。
個別に設定する場合と、全フォルダに設定する場合でインストールするアドオンが異なります。

  • フォルダ設定を個別に設定したい場合: 「フォルダ設定」アドオンをインストール
  • 全フォルダをまとめて設定したい場合: 「フォルダの表示設定を覚える」アドオンをインストール

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【続き】 Tablacus Explorerの便利な使い方