デジノート

Tablacus Explorerでファイルの関連付けをサクッとする方法

Tablacus Explorerでは、ファイルを開く時にWindowsで設定している関連付けとは違う、Tablacus Explorer独自の関連付けができ、ファイルを開くことができます。

スポンサーリンク

ファイルの関連付けをするまでの手順

  1. Tablacus Explorerの「ツール」をクリックし、「オプション」をクリックします。

  2. Tablacus Explorerの左のメニューの「規定」をクリックします。

  3. すると、「規定」の画面が開きました。

    この画面でTablacus Explorerの関連付けの設定を行うことができます。

    ここでは「.txt」の拡張子のファイルをメモ帳で開く設定を例して、関連付けの設定に必要な入力箇所を順番に説明していきます。

  4. まず初めに「名前」から入力します。

    「名前」は自由に決める事ができます。

    後々、何の関連付けか分かる名前を入力するといいでしょう。

  5. 次に「フィルタ」を入力にします。

    「フィルタ」には、どの拡張子(ファイル)に関連付けをするかを設定します。

    ここでは「.txt」に関連付けを行うので、「.txt」を入力します。

  6. 次に「タイプ」です。

    セレクトボックスをクリックし、「選択項目」をクリックします。

  7. 次はどのソフトで起動するのかを設定します。

    「参照」ボタンをクリックし、「プログラムから開く」をクリック。

    そのあと、起動するソフトを選択します。

  8. 最後に「追加」ボタンをクリックして、関連付け完了です。

  9. 左のエリアに今回登録した関連付けの設定が表示されました。

    これでTablacus Explorerの関連付けの方法は以上です。

おわりに

Tablacus Explorerの使い方からカスタマイズは以下のページにまとめていますので、より効率化を図ってください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【続き】 Tablacus Explorerの便利な使い方