デジノート

Tablacus Explorer 画像のプレビューを表示させる簡単な方法

先に説明すると

Tablacus Explorerの使い方からカスタマイズは以下のページにまとめていますので、より効率化を図ってください。

今回は、Tablacus Explorerで画像を選択したときに画像のプレビューを表示する方法を紹介します。

エクスプローラーの横に表示されている便利なアレです。

「プレビュー」とは何なのかというと、ファイルの一覧が表示されている横に画像を小さく表示させることができます。このプレビューがあると、いちいちファイルを開かなくても、ポチッとクリックするとパッと横でお目当ての画像を見つける事ができたりします。

エクスプローラーの標準機能にもあるので、既に使われている人もいますよね。

それでは、Tablacus Explorerで画像のプレビューを表示させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

画像のプレビューを表示させるまでの手順

  1. アドオンをダウンロード・有効化

    まず、Tablacus Explorerのアドオンページから対象のアドオンをダウンローしましょう。

    ・プレビュー

  2. オプション

    ダウンロード後、Tablacus Explorerのオプションを見てみます。

    オプションはプレビューを表示する場所を選ぶだけですね。

    ・左 … プレビューが「左」に表示されます。(初期状態)
    ・右 … プレビューが「右」に表示されます。

  3. 「プレビュー」アドオンの動作を確認します。

    試しに画像をクリックすると左に表示されました。

  4. カスタマイズ「プレビューの表示速度を早くする」

    「プレビュー」アドオンでプレビューの表示速度がちょっと気になったので、表示速度を速めるようにカスタマイズします。

    Tablacus Explorerが保存しているフォルダの「addons」フォルダ内の「preview」の「script.js」を開きます。

    110行目に記載されている、
    }, 500);}) (Ctrl.SelectedItems().Item(0));

    }, 0);}) (Ctrl.SelectedItems().Item(0));
    に変更し、保存します。

    変更後、Tablacus Explorerを再起動し、プレビューの表示速度が速くなっているかを確認します。

  5. カスタマイズ「重たいファイルの表示しない」

    自分のPCの場合、50MB以上あるファイルを選択すると、プレビューが表示されずに、Tablacus Explorerの固まってしまう事象がありました。

    なので、重たいファイルを選択した時はプレビューを表示しないというカスタマイズをしました。

    「var nWidth = 0, nHeight = 0;」の行の後に
    「if (nSize < 20000000) {」 を加え、 } o.innerHTML = s.join(""); の前に もう一つ「}」を追記しました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【続き】 Tablacus Explorerの便利な使い方