Tablacus Explorer オプション – メニューの操作方法

Tablacus Explorer のオプションのメニューを開いたときの個人的マニュアルです。

メニュー内項目

メニュー内に下記項目はそれぞれの設定がグルーピングされています。

  • 既定: ファイルを実行した時の設定
  • コンテキスト: 右クリック時に表示されるメニューの設定
  • バックグラウンド
  • タブ: タブの右クリックメニューの設定
  • ツリー
  • ファイル
  • 編集: 本体上部メニューの「編集(E)」の項目の設定
  • 表示: 本体上部メニューの「表示(V)」の項目の設定
  • お気に入り: お気に入りの項目を設定
  • ツール: 本体上部メニューの「ツール(T)」の項目の設定
  • ヘルプ: 本体上部メニューの「ヘルプ(H)」の項目の設定
  • タスクトレイ
  • システム
  • エイリアス

各項目の設定

名前

設定欄に表示される名前。
後で見返してもわかりやすい名前を指定しておく。

ベース

設定カテゴリのこと。
ここで設定した項目内でのみ設定が適用されます。

ここで変更した項目は「メニュー」の項目ごとによって固定されています。

  • 実行 ファイルを実行した時に動作

キー

ショートカットキーを設定。
ここで設定したキーを押すと後述するオプション(アクション)が実行されます。

位置

調査中

選択

調査中

フィルタ

実行対象のファイルをフィルタで制限できます。
空白の場合は全ファイルが対象になる。
例)*.txt、*.pdf など

タイプ

アクションのタイプを選択。

オプション

実行するアクションのこと。
前述した「タイプ」で選んだ項目によって変わります。
「参照」ボタンからアクションを選択します。

Portableボタン

調査中

参照ボタン

調査中

アイコン

調査中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Tablacus Explorer 個人的マニュアル

基本・オプション

設定

アドオン