Youtube Data APIで動画情報を取得してスプレッドシートのセルに挿入する

Google App Scriptの中でYoutube Data APIを利用して再生回数や高評価数などの取得したデータをスプレッドシートに挿入します。

サンプル

シート

youtubedatapi_210619

上記の図のようなシートを作成します。

  • シート名: シート1
  • 列名: ID、タイトル、概要、サムネイルURL、再生回数、高評価数、低評価数、コメント数

コード

var sheetName = "シート1" 
var sheet = SpreadsheetApp.getActive().getSheetByName(sheetName);

function myFunction() {
  // 動画データ取得
  var result = YouTube.Videos.list('id,snippet,contentDetails,statistics,status', {
    id:'P_XF8vjOrWE',
  });

  // 取得したデータを一度配列に保存
  data = []
  result.items.forEach(function(item){
    var arr = []
    arr[0] = item.id                             //ID
    arr[1] = item.snippet.title                  //タイトル
    arr[2] = item.snippet.description            //概要
    arr[3] = item.snippet.thumbnails.maxres.url  //サムネイルURL
    arr[4] = item.statistics.viewCount           //再生回数
    arr[5] = item.statistics.likeCount           //高評価数
    arr[6] = item.statistics.dislikeCount        //低評価数
    arr[7] = item.statistics.commentCount        //コメント数
    data.push(arr)
  });

  // シートに挿入
  row = data.length //ビデオの数→行数
  sheet.getRange(2, 1, data.length, sheet.getLastColumn()).setValues(data);  // スプレッドシートにセット
}

注意事項

  • データ種類と列数は必ず合わせましょう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

kura

WEBで食べていきたいWEBデザイナーです。
WEBデザイン初心者向けになるべく分かりやすいように解説しています。 そのほか、WEBデザインの便利ツール紹介、開発したりしています。