デジノート

Gmail 送信したメールの送信を取り消す方法

しまった!という時のためにGmailの送信したメールの送信を取り消す方法をご紹介。

普段の仕事や連絡で使うGmail。本文を入力してボタンを一つ押せば相手にメッセージを届けることができるとても便利なサービスです。でも、ボタン一つでメッセージを送れてしまうので、間違えて送信ボタンを押してしまったということはありませんか。実は、そんな時のためにGmailには送信を取り消す機能が備わっているのです。

このページでは、そのGmailの送信を取り消す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

手順

  1. Gmailの画面の右上の歯車アイコンをクリックし、そのあとに表示されるメニューの「設定」をクリックします。

  2. 設定画面の「送信取り消し」の項目があります。

    まず、「送信取り消し機能を有効にする」をクリックし、チェックを入れます。

    そのあと、に取り消せる時間を設定できるようになるので、お好みの時間に設定してください。

    設定できる時間は、5秒、10秒、20秒、30秒です。

  3. 送信取り消し項目設定後、ページを下にすくろーりして、「変更を保存」をクリックします。

  4. 設定は以上です。

    試しに自分にメールを送ってみましょう。

    すると、図の様に画面上部に「メッセージを送信しました。取消 メッセージを表示」が表示されます。

    このメッセージが表示されている間、「取消」をクリックすると、メールの送信を取り消すことができます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【続き】 Gmailの便利な使い方