デジノート

Excelでセルの結合をショートカットキーで簡単に行う方法

対応Ver:Excel 2016、Excel 2013、Excel 2010、Excel 2007

いつもマウスをカチカチッ…と押してするExcelのセルの結合。

Excelのセルが多すぎて、一回、一回、マウスを押すのは面倒じゃないですか。なんと、Excelのセルの結合はショートカットキーですることができます。

今回は、Excelでセルの結合をショートカットキーで行う方法をご紹介します。

手順をざっくり説明すると

ざっくり説明すると以下の手順でショートカットキーでセルの結合をすることができます。

ざっくりとした手順

  1. Excelのホームタブの「セルを結合して中央揃え」を右クリック→「クイック アクセス ツール バーに追加」をクリック
  2. ショートカットキーの「Alt + 数字キー」でセルの結合が可能

これだけです。

詳しい手順は下記に記載しているので、ご覧ください。

スポンサーリンク

セルの結合をショートカットキーで行うまでの手順

  1. クイックアクセスツールバーに登録

    Excelのホームタブの「セルを結合して中央揃え」を右クリックし、「クイック アクセス ツール バーに追加」をクリックします。

  2. Excelの上部のクイック アクセス ツール バーにセルの結合が追加されました。

    追加後、パソコンのショートカットキーの「Alt + 数字キー」でセルの結合が使えるようになります。

    それでは、実際にExcelでセルの結合を行ってみましょう。

    クリックアクセスツールーバーとは、色んな操作のショートカットメニューのようなものです。

    エクセルの上部に表示されます。

    ここに登録した操作はアイコンで表示されて、「Alt+数字キー」で、操作をする事ができます。

    今回、登録したセルの結合以外にも色んな操作を登録できるので、ぜひ活用しましょう。

  3. いざ、実践!

    Excelで結合するセルを選択し、Altキーを押し、数字の4を押して下さい。
    Alt + 4を同時に押す事でもセルの結合ができます。

  4. セルの結合ができました!

    今後、パソコンのショートカットキーのAlt + 4でセルの結合を使う事ができます。

おわりに

どうでしたか。Excelのセルの結合をショートカットキーで行う方法のご紹介は以上です。

ところで、Excelには他にも便利な機能・ショートカットキーがいくつもあります。

例えば、下記の機能・ショートカットキーがありますので、一度見てみてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【続き】 Excelの便利な使い方